“腸年齢®”と“腸内フローラのタイプ”とは

  • HOME »
  • “腸年齢®”と“腸内フローラのタイプ”とは

「腸環チェック」でわかる、“腸年齢®

腸内細菌の種類によっては、年齢とともに減少する腸内細菌や増加する腸内細菌がいることが知られています。
年齢とともに脂っこい食事は取りたくなくなるなど食事の変化もありますが、体の機能やホルモンなどの減少、衰えが原因も大きく影響しているものと考えられています。
「腸環チェック」検査では、弘前大学COI (センターオブイノベーション)における腸内フローラ研究で蓄積したデータベース (約1,000名) および予測モデルを元に、同年代の方々の腸内フローラと解析結果を比較することで、あなたの“腸年齢®”を推定します。

“腸内フローラのタイプ”について、わかること

「腸環チェック」検査では“腸年齢®”の他にも、
①あなたの“腸内フローラ型”とその特徴、②“腸内細菌の種数(多様性)”、③“注目すべき細菌グループの存在比”といった腸内フローラのタイプについて、様々な面から詳しく知ることができます。
ここでは、③について詳しく紹介いたします。

③“注目すべき細菌グループの存在比”

食物繊維分解菌、ビフィズス菌、乳酸菌、メタボ・炎症菌、ストレス菌、エコール産生菌といった話題の細菌グループがあなたの腸内フローラにどのくらいの割合で存在しているか、また同性同世代の平均値とくらべてどうかがわかります。
またそれぞれのグループの役割等についても、解析結果と合わせて解説いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-613-190 土日祝休 、営業時間9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © からだスコア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.